仮想通貨「Monero」のサービスを運営する会社の特徴や創業の歴史について

Monero(モネロ)は仮想通貨の一つです。
人口国際語であるエスペラント語の「硬貨」を意味する単語が、その名の由来となっており、「XMR」が通貨単位となっています。
仮想通貨と言えばビットコインが知られていますが、Moneroは、ビットコインよりも匿名性が高いことが特徴です。
Moneroの歴史は、2014年4月18日から始まりました。

オープンソースであるProof of Workを使用しており、CryptoNightというアルゴリズムを採用しているのが特徴ともなっています。
リング署名はデジタル署名の一つですが、この機能を更に強化したワンタイムRING署名を実装しされました。
これはグループの一員であれば誰でも署名できることや、グループの誰かが承認しても、証明者同士を判別できないため、検証者に対しても匿名性を守ることが特徴となっており、匿名性を守りたい送金の場合には利用されることが増えています。採掘の容易さも魅力の一つです。

一般的な仮想通貨がグラフィックカードを始めとする特別な発掘装置が必要ですが、この仮想通貨は中央演算装置(CPU)でも容易に採掘ができるため、登場してから4年ほどで規定されている供給源改良の86%がすでにマイナーに所有されていたり、市場に出回っています。
Moneroの高い匿名性が人気を呼んでいることから市場価値も急騰、それをうけて世界各国では取引サービスを行う会社が増えています。
日本国内でも取引可能な仮想通貨です。Krakenの日本市場でも売買が行えます。

仮想通貨取引において世界でも老舗の部類に入り、ビットコインを中心に多彩な仮想通貨を取り扱っています。東京にあったビットコイン取引所Mt.GoXの破たんのさい、Krakenがもつ専門的な知識と技術が高く評価され、東京地裁からビットコインの残量の確認と債権者への支払い担当に指名され、破産管財人とともに問題解決を図ったことでも知られています。
coincheckは、日本に拠点を置く仮想通貨取引所ですが、ここでも売買できます。

ビットコインを始めとしてRipple、Augur、FactomなどからMoneroなどの仮想通貨の取引サービスを提供していることから、国内シェアの高い取引所となっています。取引しやすいことや多彩な仮想通貨の売買に対応していることが人気の理由です。仮想通貨の中でも屈指の匿名性を持つのがこの通貨の特徴となっており、価値が高くなるに連れて取引サービスを提供する会社も増えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする