仮想通貨「Tether」のサービスを運営する会社の特徴や創業の歴史について

仮想通貨「Tether(テザー)」は、米ドル、ユーロ、日本円などの法定通貨と1対1の価値を保有していることが大きな特徴になります。ビットコインに関するブロックチェーン上で稼働していることで知られています。1Tether 米ドルは、1米ドルと常時同じだけの価値があります。また、米ドルだけではなく、Tetherにはユーロ、日本円バージョンもあり、1対1の同じ価値で交換することができるので、分かりやすくとても便利な仮想通貨です。

Tetherは、ブロックチェーンによって稼働していますので、送金などを行う際、銀行やほかの証券会社の資金決済サービスに頼る必要がありません。また、米ドルやユーロ、日本円などを海外に送金する場合、金額に応じて様々な書類を政府に提出する必要があります。

少額の場合であっても、海外送金をしようとすると、銀行や金融機関などから色々な確認を求められ、時間がかかる手続きになってしまいがちです。

テザーは法定通貨を1対1位の価値をもちますので、国境をこえた送金などであっても、金融機関を通す必要はありません。また、堅固なセキュリティシステムに守られていますので、テザーの送金額や送金先などの情報は、当事者以外だれにも分からないよう暗号化された形で手続きされます。

テザーは、仮想通貨であるにもかかわらず、法定通貨並みの安定感を持っており、ビット米ドルなどと同じ利用方法が期待できます。テザーの歴史は香港で始まり、現在もTether Limitedというテザーの運営会社から、利用者から米ドルやユーロなどの法定通貨を預かって、テザーを発行するサービスを行っています。

利用者が保有しているテザーを法定通貨に交換する際は、交換された分のテザーが破壊される仕組みになっています。したがって、テザーの運営会社が管理している法定通貨の準備額と、市場で流通しているテザーの量はいつも同一額ということになります。テザーが法定通貨と1対1の状態を維持できるのは、運営会社による流通量コントロールがあるためです。

香港にあるテザーの運営会社が独占的に準備高を保管していることから、ここが破たんしてしまうと、テザーを持っている人は、法定通貨に戻せなくなるリスクを抱えていることになります。テザーを運営している業者が取引している銀行は破たんしたり、運営に携わる担当者が資金を横領するリスクもあり、このようなことを理解した上でテザーを利用する必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする