仮想通貨「Steem」のサービスを運営する会社の特徴や創業の歴史について

Steemはビットコインなどで知られる仮想通貨の1つです。仮想通貨の取引ができる総合プラットフォームの1つ「BitSheres」を構築したダニエル・ラリマーが開発を行いました。CEOでもあり共同経営者でもあるのがネッド・スコット氏です。仮想通貨とソーシャルメディアの融合を目的とするところに特徴があり、会社の歴史はまだ浅く2016年にβ版がリリースされました。「スチームイット」というサイトのサービスを通してコンテンツを投稿したり、それに対するコメントを行うことで仮想通貨を得ることが出来ます。

コンテンツやコメントには評価を判定する投票が行われ、人気のコンテンツに投票すれば多くの報酬が貰えます。しかしコンテンツやコメントが投稿されてからの時間が短いほど報酬が高くなることから、どこに投票すべきかの見極めも難しくなります。投票者が持っている仮想通貨の多さが一票の大きさに影響します。

Steemは3つの形態を持っています。SteemとSP、SMDの3つです。これらはそれぞれ密接に関係しており、プラットフォームの利用によって報酬として受け取れる仮想通貨の半分はSP、もう半分はSMDの形です。SPは他人に渡すことが出来ないという特徴があります。1SMDは1ドルと等価の価値をもち、他者に送ることも可能です。リアルで報酬を使う場合にはSMDの形態にして使うことになるでしょう。Steemはプラットフォームで使うための目的で存在するものであり、これを貯めていても意味がありません。通常の仮想通貨と同じく取引所で取引される対象です。SPにいつでも変換することができますが、逆は非常に時間がかかります。他の仮想通貨と同じくマイニングによる報酬も発生しますが、こうした報酬はSPに対応した額がもらえるため、いわばSPをもっていれば利息がつくという感覚です。しかしSteemのままでは利息はつかず、そのまま持つ意味がありません。しかも24時間に0.19%ずつ価値が下がっていく性質があります。これはプラットフォームを通して報酬が支払われる時に新規に新しい仮想通貨が発行され、定期的に総量が増えていくことで起こります。

スタート後2週間で1000%に急騰し、一躍有名になりました。しかしハッキングにあって1千万円に相当する通貨が盗まれるという事件もおこり、セキュリティ態勢の問題含め今後の動向から目を離すことができません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする