「c0ban」のサービスを運営する会社の特徴や創業の歴史について

仮想通貨のc0banとブロックチェーン技術

仮想通貨のc0banを運営している会社の大きな特徴としてブロックチェーン技術の歴史が大きく関係しているという点があります。ブロックチェーン技術とは金融関係のサービスを展開するための技術で、中央集積型のシステムではなく分析型のシステムを採用している点が多くの方に注目されています。まず仮想通貨を運営するに当たって信頼度の問題は一番重要視されていました。

日本国内では2016年に仮想通貨の正式な法令が整備されたばかりで、2017年現在で運用するには歴史という大きなネームバリューが信頼の要素になかったのです。そこで即座に信頼を勝ち取るためには相応のシステムが必要になってくるため、アカウント等を管理するシステム側とブロックチェーンで取引を統括している部分とを分割する事にしたのです。その上ブロックチェーン内でも各々のレコードが分散しているため、容易にユーザーからアクセスされてしまい記録されているデータが改ざんできないようなシステムとして仕上げる事ができました。

ただ分散するだけではセキュリティは強固かもしれませんが、各ブロックへのアクセススピードが損なわれる心配があったためブロックチェーン技術では各ブロックにタイムスタンプと前のブロックへのリンクを含む事で、アクセススピードを高速にし分散型の欠点を無くした点が歴史的な技術の進化と呼ばれている程の評価を獲得する事にありました。元々暗号通貨のシステムとして利用される事が多かったブロックチェーン技術は、現在では金融関係のシステム以外にも多様される事になり信頼という大きなネームバリューを獲得する事になります。そしてその技術を利用したc0banも多くのユーザーから信頼度を獲得する事態になったため、現在では信頼度の高い仮想通貨としてc0banは多くの方に利用されています。

各国の経済情勢から見るビットコイン

chess-691437_960_720

さてここまで仮想通貨が注目された経緯には何も技術の影響だけではないのです。現在では当たり前のようになったクレジットカードによる決済や、実際の通貨を利用した買い物ですがこの消費行為と同時に注目されていたのが各国の経済情勢です。何気なくお金を使う生活を繰り返している多くの消費者ですが、お金を使ったり貯めたりする事で小さな取引でもそれが積み重なり大きな変化として経済情勢を変える事になります。この流動性の影響で国によっては経済難に陥る事も珍しくなく、予想して防ごうとしても流動性ある変化の影響で確実にリスクを軽減する事ができない場合があります。

その上ある現実の通貨の場合発行通貨数が際限なく多く、それがどこにあるのかの全てを把握する事ができないため経済的なアプローチをどこに仕掛ければ良いのかがわからない傾向がありました。その点仮想通貨ならば管理会社で取引や発行通貨数を含めた全てを管理する事になるため、取引を行う人が低リスクで利益を獲得できる確率が各段に上がるという特徴があります。さらにインターネット技術の影響でスマートフォンを使えば簡単に銀行口座へ送金する事もできるので、利便性の高い通貨を誕生させた事になります。

運営する会社としても取引は全てP2Pネットワークで行う事になるため、大規模なシステム開発環境を用意せずとも低コストで仮想通貨の利用環境を整える事が可能になっています。この手軽さの影響で急速に発展したのがソーシャルネットワークシステムを使用したサービスです。日本国内でいえばスマートフォンを使用したゲームが良い例で、運営している多くの会社で仮想通貨をユーザーに購入してもらいそれを利益としています。

利益を獲得した企業は提携企業等で行うPR活動に仮想通貨を付与し、ユーザーが自社のサービスを利用してもらう事を暗に促すといった宣伝活動を行います。宣伝活動を見てから仮想通貨を購入するユーザーの多くは継続的にサービスを利用してもらえる優良顧客となるため、企業の継続的な利益の根源となる可能性が非常に高いのです。

以上の点から仮想通貨の存在は通貨システムへの変革も素晴らしくはありますが、企業のプロモーション活動にも大きな変化を与えているため歴史的な変化として多くのビジネスマンに注目されています。国家で発行しない仮想通貨がここまで注目されたのは以上の様な経緯があり、保証を持たない通貨でありながら現在では多くの方に利用されています。

仮想通貨のc0banの発展性を改めて解説します

board-761586_960_720

さてここまではc0banを含めた仮想通貨の成り立ちについてですが、今後の展望についても多くのビジネスマンが注目している点も忘れてはいけません。現在使用しているブロックチェーン技術は取引に関する記録をユーザー同士で共有する事で、ユーザー同士がその管理体制を監視する事で不正ができないようになっています。記録は各レコードに対して行う事になるため、閲覧しようと思えば日本国内で行った取引内容をアメリカの人が閲覧する事もできます。
なので今でこそ日本国内の仮想通貨の使用歴は浅いものになってはいますが、今後取引数が増えるとともにレコードの数が増えてきます。経済情勢は過去の記録等から判別する事も多く今後どのような経済変化がどの国で起こるのかを大体予想できるので、今仮想通貨の取引履歴を確認しておけば未来的にも有利に取引を進められる確率が高くなります。

そのため取引の内容を記録したノードと呼ばれている情報の動向を逐一確認している方も多く、今後の経済情勢を一気に変える原動力である事を伺わせています。以上の点から投資家の間では経済の歴史に変化を与えるには仮想通貨の利用が必要不可欠という認識が強まり、サービスの注目度も高くなっています。何よりP2Pネットワークシステムはユーザー間での通信を行う事になるため、今後インフラ技術がさらに発展し全ての要素にコンピューターが介入してくる事態になればより一層仮想通貨の影響は莫大な物になります。現在ですらブロックチェーン技術を使った仮想通貨の取引履歴を閲覧するならばインターネットに接続できるパソコンが一台あれば良いだけなので、やろうと思えばスマートフォンだけでなくインターネットカフェ等でも仮想通貨を取引できるようになっているのです。

セキュリティは万全

その上その全ての端末から取引の動向が閲覧できるという仕様上不正を行おうとしても何億以上ものコンピューターの視線が自分の取引に注目される事になるため、不正は絶対にできません。さらに分散型のレコードを持っているため、閲覧する事はできてもそのデータがどこに存在しているのかを把握する事も困難なので仮想という言葉はついてはいますが、これ以上ない程の信頼度の高い通貨になっているのです。この様に信頼度の高い仮想通貨は現在数多くの種類が誕生していますが、信頼度の高い通貨はそんなにありません。

その理由はこの仮想通貨はの導入歴が短いという点も影響していますが、一番の理由は優良顧客の存在です。優良顧客の獲得はビジネスを展開するには確かに必要な事ですが、それ故に獲得するのが非常に難しい案件でもあります。
そこで役立つのが広告によるプロモーション活動で、インターネット広告の多くはテレビCMの様に自分が興味のないCMまで閲覧する事は検索システムの仕様上あまりありません。それは検索という情報を欲している行為をユーザー自身が行っているためで、必要ない情報に関してはアクセスすらされません。

なので広告を利用した仮想通貨システムを採用すれば、優良顧客を自然な形で獲得できるという点に注目したのが仮想通貨のc0banなのです。
この点に着目し仮想通貨を導入した会社は現在では多くのビジネスマンからの信頼を勝ち取る事に成功しているので、これからの動向にも注目すべきであると言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする